家族葬 お役立ちブログ|和光市民 家族葬センター

葬儀・お葬式 お役立ちブログ

ホーム > 葬儀・お葬式 お役立ちブログ > 家族葬と火葬(直葬)の違い

17.10.13家族葬と火葬(直葬)の違い

近年、「家族葬」と言われる「家族」と「親しい身内」のみで執り行われる葬儀や
お通夜・告別式を省略して火葬を行う「火葬(直葬)」が増えています。

これらの葬儀の形式において、よく疑問を抱かれるのが「家族葬と火葬(直葬)の違い」についてです。
和光市で葬儀を行う事を考えている方からもよく尋ねられる質問となりますので、
今回は「家族葬と火葬(直葬)の違い」について記載します。


家族や親しい身内だけで行われる葬儀のことを「家族葬」と呼びます。
「家族葬」は葬儀に参列する人が「家族」や「親しい身内」であるだけで、
お通夜や葬式は一般的な葬儀と同様に行われます。

一方で「火葬(直葬)」は「葬」という字が使われていますが、
お通夜や告別式などの葬儀を行うことはなく、故人を火葬する形式であり、「火葬式」とも呼ばれています。

そのため「家族葬」と「火葬(直葬)」の最大の違いは「お通夜や葬式の有無」という部分になります。

「火葬(直葬)」の場合にはお通夜や葬式を省略していますが、
火葬に参列する人は一般的に「家族」や「親しい身内」だけとなるので、
参列者の範囲は家族葬とほぼ同じと考えても問題ありません。


また、「火葬(直葬)」と「家族葬」は必要な費用も異なります。

「火葬(直葬)」にかかる費用は「火葬場の使用料」と、必要に応じて「ご遺体の安置所の使用料」となりますが、
「家族葬」の場合はこれにプラスしてお通夜、葬式を行う「葬儀場の使用料」が必要となります。