葬儀・お葬式 お役立ちブログ|和光市民 家族葬センター

葬儀・お葬式 お役立ちブログ

ホーム > 葬儀・お葬式 お役立ちブログ > 家族葬を行う際の注意点と心構え

17.09.20家族葬を行う際の注意点と心構え

和光市でも、もちろん「家族葬」を行うことは可能ですが、
「家族葬」を行う際に、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

今回は「家族葬」を行う際の【注意点】と【心構え】について、
親族、そして参列者の目線でご紹介します。

・親族
「家族葬」とは故人の家族と親族、
また、故人と生前に親しかった人だけで行う葬儀の事を言います。
一般的な葬儀と比べると参列者は少ないため、
準備や配慮などにかける時間や精神的な負担が少ないのもメリットのひとつです。
ただ、家族葬に参列できない人への事前の配慮が必要となります。

故人の勤め先やご近所の方に、家族葬で葬儀を行うこと。
そして、ご香典、お焼香、お供えものは辞退させていただく旨を
葬儀の前に通達しておく必要があります。
ご香典がないという点も、「家族葬」で注意しなければならない部分です。

また、故人や遺族が家族葬を希望していたとしても、
「家族葬では故人が気の毒なのでは…」と、偏見を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

家族葬を行うときは、故人の社会的な立場や状況などから、
どこまでの範囲で参列していただくか等をしっかり考えるようにしましょう。

・参列者
家族葬においては、原則としてご遺族から「参列願い」があった場合に参列しましょう。
訃報に葬儀の詳細や案内があった場合には「参列願い」と捉えても問題ありません。
ですが、参列辞退のお願いがあったり、
葬儀の案内が記載されていない場合には参列しないのがマナーとなります。

「参列願い」があった場合には、一般的な葬儀と同様に葬儀に相応しい服装で参列しましょう。
ご香典も一般的な葬儀と同様に5,000~10,000円が相場となりますが、
ご遺族がご香典やお供えを辞退される場合については
香典返し等がご遺族の負担とならないように、素直に従うようにしましょう。